何が言いたいかっていうと、僕は自然が大好きだっていうこと。

2013年03月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年03月
ARCHIVE ≫ 2013年03月
      

≪ 前月 |  2013年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

トリミングと山もみじ

こんばんわ。出張から無事帰ってきました。
桜の見頃はあっというまですね。お花見には行かれますか?



私の地元熊本が、国連の「生命の水」で最優秀賞を受賞したそうです。
水資源の保全などに優れた取り組みを行っている地域に与えられるものだそうで、国内は熊本が初です。

熊本は、ほぼ全ての上水道が地下水ですからね。地下水を守る取り組みは確かにすごいです。
アクア好きとしても、熊本県人としても、嬉しいニュースでした。




さて、出張から帰ってくると90cm水槽がいい感じに伸びてきていました。
数日置いて見ることになるので、水槽は出張から帰る楽しみの一つです。
DSC01914.jpg



微調整してみようと思ってトリミングを始めたんですが、刈ってるうちに楽しくなっちゃって
ついつい刈り過ぎでしまいました。
それでも、個人的にはじゅうぶん気に入っています。
DSC01943.jpg

しかし、毎回8リットル近い水草を捨てるのは勿体無いなぁ・・・。




さてさて、とりとめもなく話は変わりますが、大阪の友人がいきなり本を買って送ってくれました。


私が欲しかった本
ロビン・ウォール・キマラー著 『コケの自然誌』  です。
DSC01910.jpg


ミクロな世界にとりつかれたネイティブアメリカンの著者が、ネイチャー且つスピリチュアルな視点を凝縮してくれています。
下記は、著者が初めて雪の結晶を拡大鏡で見て、感動~ミクロな世界にはまっていく冒頭の文章です。



『ーー秘密めいた雪の真実に私は目が眩んだ。(中略) ーー世界はそのままでも美しいが、
もっと近くで見れば見るほどさらに美しいものになる、と感づいたのはこの時が初めてだった。』 
(まえがきより抜粋)





アクア好きには、グッとくる冒頭文ではないでしょうか(笑)




すっかり茂った山もみじを、しげしげと・・・。見れば見るほど・・・。
DSC01922.jpg
もう、ほとんど森にいる気分。涼し気な木陰です。



複雑な根立の接写。近づいて、もっと見たい。もっともっと近くで・・・。(マクロレンズ欲しい)
DSC01928.jpg
森林を散歩するよう。





確かに、ネイチャーアクアリウムも盆栽も、コケの世界と似ていますね。
顔を近づけて、秘密めいた小さな世界に感動する。




何が言いたいかっていうと、自然のすみっこの小さな世界にも、小さな大自然が詰まってるっていうこと。





とりとめもないブログ、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。