何が言いたいかっていうと、僕は自然が大好きだっていうこと。

2013年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年04月
ARCHIVE ≫ 2013年04月
      

≪ 前月 |  2013年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

寄せ植えレイアウト

盆栽ネタが沢山あるので、まとめます!日記です。
今回も、アクアリウム成分皆無でお届けします☆アハハ…


先日購入したモミジの寄せ植えを
昨夜、植え替えしました。

盆栽棚も、少しずつ充実しています。
(奥さんには内緒ですが、さらに90㎝水槽も一式譲ってもらう予定です。)
DSC02452.jpg


森林を散歩するような寄せ植えの清涼感にすでに満足ですが
10株植わってるのでやっぱり植え替えしました。
DSC02446.jpg

盆栽は、1本、2本(双幹)と数えたら、残りは奇数本がよいとされています。
今回でしたら、9本が盆栽的には正解なのです。


器はなんでもいいのですが、まずは鉢に針金などを準備しておきます。
これは、植えた樹を固定するためのものです。
DSC02494.jpg


鉢から寄せ植えを取り出したら、竹串などでほぐしていきます。
明らかにそれとわかる、固くて太い根があるので、それを傷つけないように丁寧に取り分けます。
取り外したら、根を1/3ぐらいまで短く刈りそろえます。
DSC02504.jpg



全ての株を取り分けた後、長い順に並べてみました。
最も長いものを主木、次に長いものを副木として
全体のバランスを見ながらレイアウトしていきます。
DSC02508.jpg


今回は、全体で不等辺三角形になるように木を配置してみました。
使用したのは9株、モミジの寄せ植えの完成です。
今後はバランスをみながら、来年の植え替えまで様子を見ます。
DSC02516.jpg


植え替え後は根を切っているので水を吸う力が弱く
葉から蒸発する水分に追いつかなくなってしまいます。


特にモミジは蒸散能力が高いので、一度葉を刈り上げ、休眠状態まで戻します。
今回は針金をかけてみて、これも様子を見ようと思います。
DSC02536.jpg


こちらは、余った1株で作った斜幹仕立ての鉢です。
モミジは幹が固いので、大胆な造りができるのは若木の時まで。
そういう意味では、将来が楽しみな鉢です!
DSC02540.jpg



この辺のお手入れは、水草よりもなんだかずいぶん手間がかかります。
切って浮かべてれば勝手に伸びていく水草は、いい意味で適当な生き物だなと、今ふと思いました(笑)




植物に戯れる趣味が増えて、毎日幸せ。



何が言いたいかっていうと、僕は自然が大好きだっていうこと。




盆栽記事が続いてすいません。水槽も元気です。
何人いるのか知りませんが、ブログを読んで下さる皆様ありがとうございます。
ポチポチ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

オマケ①
ハクチョウゲの盆栽も、葉が美しい!
DSC02454.jpg


オマケ②
イソザンショウに花が付きました。
DSC02309.jpg



スポンサーサイト

盆栽園の写真集② 作品編

せっかく写真があるので、盆栽園で見かけた名品をいくつかご紹介します。

盆栽園には、時代が乗った名品が数多く管理されています。
中には、愛好家から手入れを任されてる預かりものもありますが
殆どは購入することもできます。
お値段は、車が買えるレベルです☆


美術館としての盆栽園を、ご紹介したいと思います。



根本が太った、時代物のモミジ。
モミジは太りやすい樹ですが、小品盆栽ではなかなかお目にかかれません。
DSC02370.jpg


松の懸崖仕立ての盆栽。
荒れた幹肌とぐっと下がった樹頂が、厳しい環境を生き抜く力強さを思わせます。
DSC02371.jpg


株立ちのカエデ。
つながって一つの株になったカエデの盆栽です。
紅葉を終えた冬の裸樹でも、見ごたえのある盆栽でしょうね。
DSC02376.jpg


ド迫力の舎利が目を引く松柏の盆栽。
高さは90cmほどです。
DSC02392.jpg



模様木の松柏の盆栽。
絶妙なバランスが日本人の美意識を呼び覚まします。
DSC02410.jpg


盤状に張った根にビビる私。根っこだけ見て1時間は過ごす自信があります。
DSC02398.jpg


盆栽の中でも、特に好きなモミジ。
この石付き盆栽は根や幹の勢いがすごく、20分ほど眺め続けていました。
DSC02416.jpg



他にもあるんですが、紹介しきれないのでこのへんで。
いつかは私も、こんな盆栽を作ってみたいと思います。



何が言いたいかっていうと、樹を美しく仕立てる技術も、また美しい、ってこと。




ほとんど私の思い出帳と化していますね。
それでもまぁ、読んでやるよ。って方はぜひ今後もよろしくお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

オマケ
せっかくなので、カエデの寄せ植え盆栽を購入しました。
これを使って寄せ植え盆栽を作ってみます。
DSC02442.jpg


盆栽園の写真集①

今週末からGWですね。
ご予定は決まりましたか?



先日、熊本にある盆栽園を見学してきました。


面白そうな素材や、お手入れのヒントなどだけではなく
盆栽を見る目を養うのも見学の楽しみです。


盆栽園には、代々受け継がれて
100年以上経つような立派な盆栽が置いてあったりします。
美術館のような感覚で、名品を鑑賞してきました。


広い敷地に、所狭しと盆栽が並ぶ風景。
濃い時間が、ゆっくりと流れています。
DSC02424.jpg



松の木は、地植えで培養されていました。
地植えは幹の太りも早く、立派な素材をつくってくれます。
DSC02390.jpg


幹を彫刻刀などで削って一部を枯らす
『舎利(しゃり:写真の白い部分)』と呼ばれる表現技法。
天然では、1年に1ミリしか育たないとも言われる樹の芸術です。
DSC02380.jpg
これも大量生産中!すごい。



こちらは、石化ひのきの培養棚
葉が縮れて密生するので、小品盆栽でも大木感が出しやすい樹種です。
ドスンと幹をまっすぐ据える『直幹』という樹形が主流です。
DSC02406.jpg


盆栽は、ホームセンターにも置いてあるので、気軽に購入できます。
もちろん植木市なども楽しいですが、盆栽園は別格です。
面白い素材、種類、数が豊富なので、アレコレ見て回っていたら2時間も経ってました。




何世代にもわたって、植物の生命力と向き合ってきた盆栽園だけに
まるで植物との対話が聞こえてくるような、人と植物との濃密な歴史が感じられます。


これだけの盆栽があるのに、どれも美しく並べられ
丁寧にお手入れされているのに驚きました。
園の隅々にまで、植物に対する尊敬の所作が見て取れます。


そしてどの盆栽も、たっぷりと威厳を放っていました。
丁寧にお世話してある証拠です。


盆栽園見学、オススメです!




何が言いたいかっていうと、植物に対する尊敬の所作が好きだっていうこと。




盆栽への愛情が強すぎて、自分でも何を書いてるかわからなくなってきました。
また次も読んでやるよ、って方はぜひポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

オマケ
次回は盆栽園の写真集② 作品編
DSC02422.jpg

出張がちな人の、ネイチャーアクアリウム。

みなさんこんばんわ。

こんなブログでも見に来ていただいてる皆様
お久しぶりですね。


更新が遠のいていたのは、出張に行っていたからです!

私がブログを辞めたと思っていた皆様
これからもどうぞよろしくお願いします。



アクアリウムを始めようかと思っている方の中には
『家を不定期で留守にするので難しい』という思いの方もいらっしゃるかと思います。


ところが実際は、水槽立ち上げ当初の2週間程度を乗り切れば
意外と、問題なくお留守番してくれるようです。


下の写真は、1週間程度放置した90cm水槽です。
DSC02331.jpg
うっすらとコケがついている以外は、特にトラブルもありません。

照明も二酸化炭素も、餌も、今は自動化ができますので
始めてみたい方は気軽に検討してみてはどうでしょうか。
(と、言いつつ。我が家では、餌と照明は奥さんにお願いしています。)



それにしても、しばらく見ないでいると
1週間程度とはいえ、植物の成長の速さに驚かされます。


とにかく、コケ・・・。
DSC02350.jpg



日頃、そんなにマメにコケ掃除してたっけ?
たった一週間でこんなにコケるかー・・。
DSC02349.jpg


おお、有茎草ものびのび!
DSC02344.jpg

どういう構造なの!?そこから根っこが出るのか。
DSC02366.jpg

ひとしきり変化を楽しんだら
適当にお手入れして、コケを掃除して換水です。


例のこの、お掃除するヘラみたいなやつ(名前が思い出せない)
の威力に、ワクワクします。あーキモチイイ♪
DSC02436.jpg



トリミングで、すっきり。
綺麗です。
DSC02475.jpg
(逆立ち泳ぎのレッドグラミーは、おなかすいてグロッソつんつんしてるだけです。)

当初の予想以上に綺麗な水槽になってくれて、とても気に入ってます。
ただ、ほとんどが水草の成長任せだったので何をやったら再現できるのかわかりません。

偶然の産物です。


次のレイアウトどうしようかな・・・。
これより綺麗なものにしたいけど、そんなのどうすればいいんでしょうか。


いきなりハサミでぶった切られて、さぞ気分を害したであろうグロッソ氏が
さかんに気泡をつけています。
それをパクつくゴールデンラム氏。食いしん坊です。
DSC02485.jpg


帰ったら、日常に色んな風景がある生活。
突き詰めれば、どんなものにでも見ることができる美意識かもしれませんが
やはり水草水槽は別格な癒しをもたらしてくれますね!





何が言いたいかっていうと、みんなも水草やってみたら面白いですよ、ってこと。




今後とも、かわいがってください。
いいよ(ポチッ)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

オマケ
先日載せるつもりでタイミングを逃したキリン。くび、なが~~~~~い。(今日のブログもながい。)
DSC02179.jpg
DSC02180.jpg
DSC02181.jpg




イソザンショウを造ってみました。


私が愛してやまないイソザンショウ盆栽。

以前のお手入れで葉刈りをしたものの
どこかしこから新芽が伸びまくってひどい状態です。
DSC02139.jpg



これで、いいのかなーと思っていたら
最近買った盆栽の本に「不要な芽を刈り取っておくこと」って書いてました。



やっぱり、まだまだ基本的な知識不足ですね。



盆栽には様々なセオリーがあります。

このイソザンショウは『模様木』という樹形ですので
『模様木』のセオリーに沿って枝も落としてみました。


腹枝を落として、不要な芽を落として・・・。
結構太い枝も落としたので緊張しましたが
見た目がとてもスッキリしました。
DSC02142.jpg

非常に気に入ってます。



それから、珍しい『白キクラゲ』を頂いたので
トマトクリームパスタに入れてみました。
DSC02144.jpg


食べる美容液なんだとか。
男の私がかなりの量食って奥さんに申し訳ない。


結構グツグツ煮込んでも、コリコリ食感はしっかり残りました。
DSC02150.jpg



私のほぼ唯一の手料理、アメリケーヌソースのトマトクリームパスタです。
DSC02152.jpg



うまし。





今回は、アクアリウムお休みでした。
あすは、娘と動物園リベンジ!
いっぱい動物見てきます。

みなさんもよい週末を。




何が言いたいかっていうと、イソザンショウの盆栽がよくできて嬉しいってこと。




これからも、よろしくお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

オマケ
朝、何か動くなと思ったらリビングにカニがいました。どこから来て何処へ行くのか・・・謎です。
DSC02126.jpg

ローズマリーの盆栽!と、プチトリミング

こんばんわ。

最近、快眠のおかげで毎日スッキリ生活です。
春の陽気のおかげでしょうか。

みなさんは、いかがお過ごしですか?



さて、90cm水槽のグロッソが少し厚くなってきました。
DSC02103.jpg
(仲良しのゴールデンラム。カップル成立でも、私の水槽には産卵場所がない…。)


溜めてトリミングすると戻りが間に合わないと思うので
ちょこちょこカットしていきたいと思います。


そして、カット後の90cm水槽です。
特に代わり映えもしませんね。
DSC02113.jpg



トリミング過程の写真ぐらい撮影しておけばよかったですね。


我ながら、いい意味でサクサク。
悪い意味でスカスカ、なブログだと思います。



それから、最近、自宅の駐車場に料理用のローズマリーを植えました。
DSC02133.jpg

いつもは奥さんが可愛がってるんですが
ものの本によるとローズマリーは立派な盆栽になるそうです。


頑丈なので育てやすく、水草とおなじように挿し木で簡単に増えるそうなので
早速、盆栽にしてみました。


そしてコチラがそのローズマリーの盆栽です。
DSC02136.jpg


もちろん、ど素人のなんちゃって盆栽ですが
一応こんなふうに、ナナメに育っていった盆栽は『斜幹(しゃかん)』と呼びます。
(本人はそのつもりです。)


斜幹は、幹を左右どちらかに大きく傾け、枝を方々に張った造りです。

風に吹かれたような樹形は、厳しい自然環境を耐え抜く樹木の強さとたくましさを感じさせます。


首尾よく寝が出てくれたらいいなァ。

将来的には、さらに枝を落として樹の先端が鉢から幹が垂れ下がるような形
懸崖(けんがい)』に仕立てていきたいと思います。


身近に盆栽のタネがあるのは、うれしい発見でした。



ネイチャーアクアリウムも、盆栽も、あらためて自由度の高さに驚かされます。

植物がそれだけ、たくましい!ってことでもあるんですよね。
その生命力で、水槽や鉢の中での無茶な要求に適応してくれてるんだと思います。
大切にせねば。




何が言いたいかっていうと、水槽も盆栽も大自然の胸を借りた趣味だってこと。




こんなブログをいつもありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

オマケ
我が家のモンスター。フライングフォックスさんです。臆病なのに、鯉みたいな貫禄。
DSC02102.jpg





90cm水槽のプチお手入れ

こんばんわ。
昨日から今日にかけて、日本中に春の大嵐が吹き荒れたそうです。

皆様はお変わりありませんか?

窓ガラスが割れないかヒヤヒヤしました・・。



そして今朝、盆栽の棚の上下を入れ替えました。
日照時間の調整のためです。
DSC02087.jpg


それから


前回はあまり代わり映えしなかったので
追加でトリミングした90cm水槽です。
DSC02060.jpg
右側の茂みがホンの少しだけスッキリしたようなしないような・・・。




それから、CO2拡散器があまりにもコケていたので
トリミング後の水換え時に洗浄しました。

この拡散器は、設置から一度も洗っていませんでした。




おもいっきりコケた画像なので、
お気分を害する恐れのある方は、恐れ入りますが次回の更新にご期待下さい(*´▽`*)




それでは。


ガラス?にここまでコケが生えるものなんですね。
DSC02048.jpg



ツメでこすってみてもあんまり取れない。
DSC02049.jpg


しかたがないので、キッチンハイターで溶かしました。
DSC02050.jpg


浸けおくこと30分。
十分に洗浄して、中の水も振って出して
中和剤に10分ぐらい浸けて、終了です。

驚きの白さ!!
DSC02051.jpg





設置して、CO2添加再開!
シュンワワ~~・・・。
DSC02057.jpg




気泡が細かい!
これで水草もラスト1ヶ月調子も上がってくることでしょう!




何が言いたいかっていうと、器具はこまめに洗浄しましょうっていうこと。




今回も薄い内容の、こんなブログをいつもありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


オマケ
明らかに、増えてる。しかも増え方がオカシイ。もう少し暖かくなったら、郵送でお譲りします。
DSC01993.jpg

プチトリミング

こんばんわ。お久しぶりです。
お花見には行きましたか?


今年はプライベートと職場で2回もお花見に行けました。
DSC01974.jpg
(2回ともほとんど花は見ていません。)



さて、とりあえず90cm水槽ですが
個人的には以前撮影したこれぐらいの茂み具合が
ベストだったんじゃないかなと思います。特に、右側の流木が。
DSC00912.jpg


現在の90cm水槽。
右側はもはやデカイ草の壁。
DSC02008.jpg
今までは徒長した部分だけにハサミを入れていただけなので
今回初めてこのあたりを整理します 。


すいません・・・作業風景はありませんヽ(・∀・)ノ


完成したのがコチラ。

けっこう削ったつもりだったんですけど・・・。
DSC02037.jpg

あんまり変わってませんね。
明日、もうちょっと調整してみたいと思います。
DSC02036.jpg




さてさて、熊本は桜がだいぶ散ってしまいました。
盆栽にも春が到来中ですが、植物によって春もイロイロです。


遅ればせながら、盆栽のクチナシにも新芽がついていました。
DSC02040.jpg

異様な迫力と若葉とのギャップが見ていて飽きないです。
まさに新芽萌えとは今の状況ですね。



ずっと動きが無くて不安だった鉢植えのエバーフレッシュにも新芽。
固くて頑固そうな新芽ですね。
DSC02044.jpg





誰にでも時間は平等です が
自然は、待ったなしで1年を刻んでいきます。


今忙しいと思ってても、問答無用で盆栽の新芽は伸びるしコケは乾くし
ロタラは伸びるしグロッソは厚くなるしレッドラムズホーンは増える。


どんなに忙しくてもどんなに暇でも、とりあえず時間は経つんですね。


だったら、難しい事考えるのやめて、ぼーっと水槽を眺める時間があってもいいかな。





何が言いたいかっていうと、難しい事考えた日はぼーっと水槽眺めてればいいって事。



ポチッと押していただけたら幸いです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

オマケ
グラスキャット 存在感があるようでない、ないようである・・。
DSC02029.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。