何が言いたいかっていうと、僕は自然が大好きだっていうこと。

2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ ローズマリーの盆栽!と、プチトリミングTOP盆栽 ≫ ローズマリーの盆栽!と、プチトリミング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ローズマリーの盆栽!と、プチトリミング

こんばんわ。

最近、快眠のおかげで毎日スッキリ生活です。
春の陽気のおかげでしょうか。

みなさんは、いかがお過ごしですか?



さて、90cm水槽のグロッソが少し厚くなってきました。
DSC02103.jpg
(仲良しのゴールデンラム。カップル成立でも、私の水槽には産卵場所がない…。)


溜めてトリミングすると戻りが間に合わないと思うので
ちょこちょこカットしていきたいと思います。


そして、カット後の90cm水槽です。
特に代わり映えもしませんね。
DSC02113.jpg



トリミング過程の写真ぐらい撮影しておけばよかったですね。


我ながら、いい意味でサクサク。
悪い意味でスカスカ、なブログだと思います。



それから、最近、自宅の駐車場に料理用のローズマリーを植えました。
DSC02133.jpg

いつもは奥さんが可愛がってるんですが
ものの本によるとローズマリーは立派な盆栽になるそうです。


頑丈なので育てやすく、水草とおなじように挿し木で簡単に増えるそうなので
早速、盆栽にしてみました。


そしてコチラがそのローズマリーの盆栽です。
DSC02136.jpg


もちろん、ど素人のなんちゃって盆栽ですが
一応こんなふうに、ナナメに育っていった盆栽は『斜幹(しゃかん)』と呼びます。
(本人はそのつもりです。)


斜幹は、幹を左右どちらかに大きく傾け、枝を方々に張った造りです。

風に吹かれたような樹形は、厳しい自然環境を耐え抜く樹木の強さとたくましさを感じさせます。


首尾よく寝が出てくれたらいいなァ。

将来的には、さらに枝を落として樹の先端が鉢から幹が垂れ下がるような形
懸崖(けんがい)』に仕立てていきたいと思います。


身近に盆栽のタネがあるのは、うれしい発見でした。



ネイチャーアクアリウムも、盆栽も、あらためて自由度の高さに驚かされます。

植物がそれだけ、たくましい!ってことでもあるんですよね。
その生命力で、水槽や鉢の中での無茶な要求に適応してくれてるんだと思います。
大切にせねば。




何が言いたいかっていうと、水槽も盆栽も大自然の胸を借りた趣味だってこと。




こんなブログをいつもありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

オマケ
我が家のモンスター。フライングフォックスさんです。臆病なのに、鯉みたいな貫禄。
DSC02102.jpg





スポンサーサイト

Comment

発根
編集
ローズマリーは、切ったやつの切り口を斜めに切ってから水に漬けておくと発根しますんで、それから鉢植えするといいかと思います。
私も、一ヶ月ほど前から盆栽始めたんです
2013年04月11日(Thu) 11:13
pillialohaさん
編集
コメントありがとうございます。
おお!盆栽仲間ですね~!
私も最近始めたひよっこなんです。一緒に勉強しましょう!

ローズマリーですが、どうやらそのようですね!
念のため、水につけた挿し穂もつくってますが、今のところ発根なし・・・(笑)
あまり自信はありませんが、別のやつを斜めに切って直接鉢に突き刺してみました。
2013年04月11日(Thu) 21:54
No title
編集
ローズマリーって盆栽になるんですね!
これはいいですね…食事にも使える観賞植物…
うちでもローズマリー育ててるのでやってみようかな?
2013年04月13日(Sat) 18:53
Sakさん
編集
コメントありがとうございます!
成長も早いし、なかなか楽しめるそうです。

すでに、どんどん伸び始めましたよ~。
うちは、赤玉土に腐葉土混ぜてます。
乾きめが好きみたいですけど、差し穂から根が張るまでは水を切らさないつもりです。


湯のみにでも盆栽はできますから、ぜひぜひ^^
2013年04月14日(Sun) 01:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。