何が言いたいかっていうと、僕は自然が大好きだっていうこと。

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ もみじ、お手入れしました。TOP盆栽・もみじ ≫ もみじ、お手入れしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

もみじ、お手入れしました。

こんにちは。記念すべき第2回の更新ですね。

昨晩は、さっそくブログを更新しようとしたのですが
完成間近に2回もリセットされて心が折れました。
出張帰りで疲れてたのかしら・・・。






さて、今日はお休みです。




あったかくて、とろーんとした空間でリビングが満たされます。
盆栽たちも、気持ちよさそうに日向ぼっこしてます。DSC01502.jpg






水槽がある空間って素敵ですよね。




特に、仕事などで疲れて帰ってくると
水草の新鮮なグリーンが目から染み込んで、脳の緊張がシュワ~っと溶けて癒されます。
共感してくださるアクアリストの方、多いのではないでしょうか。
DSC01497.jpg
(トリミングから2週間なのに、グロッソの分厚さがおかしい・・・。ま、まだトリミングはいいかな(´∀`*) )





今日は、もみじのお手入れです。






盆栽は、ほとんどお世話はいりません。 
お水と、5時間程度の日光だけです。



水草よりはずっと楽ですが、そのかわり『季節ごとのお手入れ』というのがあります。

いわば年間スケジュールですね。
盆栽は、長い時間をかけて楽しむ趣味なのです。





もみじは、3~4月(地域によって微妙に差がある)になると一斉に新芽をほころばせます。
ところが、そのままにするとどんどん伸びて、ただの鉢植えになってしまいます。
これを整える作業か今回行う『芽摘み』という作業だそうです。


通常は新芽がほころぶと、2枚1対の葉が開きます。
そのあいだから、2節目の新芽が出てきます。DSC01478.jpg




これを柔らかいうちに指やピンセットでポキッと摘みます:(;゙゚'ω゚'):
あとは、4月中旬の『芽かき』まで作業終了です。
ちなみに、太らせたい枝は芽をそのまま伸ばしてくださいね。




こうやって、爆発せんばかりの生命力を
小さな器の上に留めておくのです。




比較的に季節感の薄い水草とちがって、このような作業から季節を肌で感じるのも
盆栽の魅力のひとつだと思います。




命が凝縮された“小さな大木”  感動!DSC01485.jpg
(こちらの山もみじで、14~16年経ってるそうです。)










それでは、お昼からお出かけしてきます。
何が言いたいかっていうと、盆栽は時間を楽しむ趣味だっていうこと。








これからも応援お願いいたします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comment

No title
編集
生き生きとした緑と魚を部屋の中で見られる・・・
アクアリウムっていいものですよね
盆栽って季節のメンテナンスというものがあるんですね!はじめて知りました!
2013年03月04日(Mon) 23:03
Re: No title
編集
Sakさん
水槽のグリーンがじゅわ~~んと脳を緩めてくれる瞬間がたまりませんね。
盆栽は、1年スケジュールでだいたいやることが決まっていますよ!忙しくて感じる暇がない季節の移ろいを、盆栽を通して追体験します。素敵ですよ~。

私のお勉強も兼ねて、それぞれの作業はご紹介していきたいと思っています~♪
2013年03月05日(Tue) 01:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。