何が言いたいかっていうと、僕は自然が大好きだっていうこと。

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 盆栽園の写真集①TOP盆栽 ≫ 盆栽園の写真集①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

盆栽園の写真集①

今週末からGWですね。
ご予定は決まりましたか?



先日、熊本にある盆栽園を見学してきました。


面白そうな素材や、お手入れのヒントなどだけではなく
盆栽を見る目を養うのも見学の楽しみです。


盆栽園には、代々受け継がれて
100年以上経つような立派な盆栽が置いてあったりします。
美術館のような感覚で、名品を鑑賞してきました。


広い敷地に、所狭しと盆栽が並ぶ風景。
濃い時間が、ゆっくりと流れています。
DSC02424.jpg



松の木は、地植えで培養されていました。
地植えは幹の太りも早く、立派な素材をつくってくれます。
DSC02390.jpg


幹を彫刻刀などで削って一部を枯らす
『舎利(しゃり:写真の白い部分)』と呼ばれる表現技法。
天然では、1年に1ミリしか育たないとも言われる樹の芸術です。
DSC02380.jpg
これも大量生産中!すごい。



こちらは、石化ひのきの培養棚
葉が縮れて密生するので、小品盆栽でも大木感が出しやすい樹種です。
ドスンと幹をまっすぐ据える『直幹』という樹形が主流です。
DSC02406.jpg


盆栽は、ホームセンターにも置いてあるので、気軽に購入できます。
もちろん植木市なども楽しいですが、盆栽園は別格です。
面白い素材、種類、数が豊富なので、アレコレ見て回っていたら2時間も経ってました。




何世代にもわたって、植物の生命力と向き合ってきた盆栽園だけに
まるで植物との対話が聞こえてくるような、人と植物との濃密な歴史が感じられます。


これだけの盆栽があるのに、どれも美しく並べられ
丁寧にお手入れされているのに驚きました。
園の隅々にまで、植物に対する尊敬の所作が見て取れます。


そしてどの盆栽も、たっぷりと威厳を放っていました。
丁寧にお世話してある証拠です。


盆栽園見学、オススメです!




何が言いたいかっていうと、植物に対する尊敬の所作が好きだっていうこと。




盆栽への愛情が強すぎて、自分でも何を書いてるかわからなくなってきました。
また次も読んでやるよ、って方はぜひポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

オマケ
次回は盆栽園の写真集② 作品編
DSC02422.jpg
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。