何が言いたいかっていうと、僕は自然が大好きだっていうこと。

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 私が撮った、震災の写真(画像10枚)TOP未分類 ≫ 私が撮った、震災の写真(画像10枚)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

私が撮った、震災の写真(画像10枚)

熊本地震で被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

また、全国から救援物資や義援金を援助してくださっている方々
ボランティア活動で、倒壊した建物や散乱した家財を清掃してくださっている皆様へ
深く御礼申し上げます。



おはようございます。

熊本は今日は雨ですが、明日から天気は回復するそうですね!
週末は、釣りの予行練習に行けたらいいなぁ


先日、自宅周辺から熊本城まで歩いて、震災の被害を見て回りました。
TVとかだけじゃなくて、自分の目で見ておこうと思いまして・・・。

約20kmのウォーキングコースになり、股関節が痛くなりましたが・・・。
ご紹介するのが、私の目に写った範囲の、熊本の写真です。


近所の洋食屋さんの壁も、おもいっきり剥がれてました。
DSC02733.jpg


この通りは、物資運搬用に掘られた河川を埋め立てた道なんだそうです。
そのため、地盤がゆるく、今回の地震では通り沿いに急激な地盤沈下が起きました。
このあたりが川だったなんて、地震まで知りませんでした。

強固なはずの地面に、沈み込んだお店。自慢のショーウインドウも粉々です・・。
DSC02745_20160511092120bda.jpg

液状化現象で、沈み込んだ電柱・・。 通り沿いの電柱は、ほとんどこの状態です。
DSC02750.jpg

家屋は無傷なのに、地盤沈下で傾いてしまっています。今も、徐々に傾きは強くなっています。
この通り沿いには、同じように傾いた住宅が沢山ありました。 ショックです。
DSC02755.jpg

白川の堤防沿いに出現した地割れ。断層でしょうか・・・。20cmほどの段差になっています。
DSC02780.jpg

大きくゆがんだ町工場の建物。 熊本県の調査委員が貼った紙(通称 赤紙)が見えます。
今、熊本県内では調査委員が巡回し、家屋の危険度を赤、黄、緑に分けて貼って行ってくれています。
赤紙が貼られた建物は、外から見ても明らかに危険度が高いものが多く、中に入ることはできません。
DSC02792.jpg

近所の神社の鳥居も、倒れていました。
倒れた鳥居は、ここだけではありません。強く胸を打たれます。
DSC02785.jpg





この後、熊本県で一番の繁華街を通り、熊本城へ抜けました。
熊本城の惨状はTVでも目にしていましたが、実際に見た時の衝撃は大きかったです。

熊本県民の誇りでもある熊本城は、現在立ち入り禁止になっています。




遠目に見るしかありませんが、瓦・しゃちほこが、ほとんど落ちてしまっています。
なんだか、一気におじいちゃんになったようで、ものすごく寂しい気持ちになりました。
DSC02827.jpg

熊本城の石垣の下に、加藤清正公と親交の深かった武将 福島正則 に縁のある神社が建立してありました。
大河ドラマ『真田丸』でも、よく2人そろって登場する仲良しです。
熊本城に寄り添うように立っていた神社も、崩れた石垣に押しつぶされています。
息を飲む光景でした。
DSC02811.jpg


熊本城の再建には、20年以上の歳月を要すともいわれていますが
我々熊本県民の復興のシンボルとして、ぜひもう一度、あの荘厳な石垣を復旧させてほしいです。

ご紹介した建物は、本当に、ほんの一部です。
被害を受けた家屋の所有者は、この修復に多額の費用が必要でしょう。
家財も、ひっくりかえったまま手つかずなうえに、住む場所もなく、今後予想される多額の出費・・・。

暗く、暗澹とした空気が淀むようです。

でも、頑張って前に進むしかないです。

私にお手伝いできることも、ちょっとずつでも頑張ります。
大好きな熊本に、恩返し!頑張っていこう!

何が言いたいかっていうと、僕は熊本が好きだっていうこと。


追記
我が家の水槽は、激しい揺れで水が半分近くこぼれてしまいました。
植えていた水草も全て抜け、停電でフィルターも止まり、一旦は壊滅しました・・・。
DSC02701.jpg

水槽の復旧はどうなるんでしょうか!?
おもいっきりスケールダウンしたまま、次回へ続きます。

ポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。