何が言いたいかっていうと、僕は自然が大好きだっていうこと。

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ トリミング後、考察しました。TOP水草 ≫ トリミング後、考察しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

トリミング後、考察しました。

こんにちは。来週は春分の日ですね。
お変わりありませんか?



昨日、近所の電気屋さんのご主人から大量にお野菜を頂きました。
水菜と、茄子と、小松菜。
とにかく大量。こんなに頂いていいんですか。
DSC01737.jpg
(半農半商のご隠居生活なんだそうです。感謝して、大切に頂きます。)




春分の日を中日に、ちょうど今ぐらいの季節を“春のお彼岸”と呼ぶそうです。
恥ずかしながら、盆栽を始めるまで知りませんでした。




お彼岸はご先祖様に感謝する日。



ご先祖様に感謝してみることも
精神衛生上、素敵なことかもしれませんね。





さてさて、90cm水槽のトリミングから5日が経ちました。
ジワジワと有茎草が新芽を出しています。
DSC01745.jpg
(グロッソが、ピクりともしません。刈りすぎたかな…。(´∀`;)フフ )




私の場合、トリミングはテンションを高くして一気に済ませます。
なんとなくアタリを付けておいた部分を、なんとなくザックリ刈ります。



そしてしばらく様子を見て、冷静になったころ
どうすればもっと綺麗になるか、自分なりに考えます。



向かって左奥の有茎草ロタラ・ロトンディフォリアは
トリミングを繰り返すことで複雑に密生するようになりました。


その分、日陰になる部分が多く、根本はヒョロヒョロに…。
今回は、一旦下葉に力をつけてもらうために少しダケ長めに刈りました。





程よいころにもう一度短く刈り込んで
5月ごろにベストな状態に持っていきたいです。
DSC01747.jpg
(そのころにはグロッソも追いついて絨毯化してくれているはず。( ´,_ゝ`)タブン )





一方、向かって右側の後景草は、ロトンディフォリアと
ロタラマクランドラスモールリーフの突然変異個体(下の画像中央の黄緑)です。

ロタラマクランドラスモールリーフに黄緑色の株が出て、それを増やしたものです。



蛍光灯でもメタハラでも、CO2を1滴/秒だろうが4滴/秒だろうが、肥料を(以下略)
もう赤くはなりません・・・ガックリ。



ものすごく成長が遅いので、様子を見ながらトリミングしようと思っています。
DSC01746.jpg
(立体感を出すために、流木の付近はあえて短く刈り込もうかしら。)






ついでに、可憐な花を付けて我が家の人気急上昇中のハクチョウゲですが
盆栽としてお迎えした当時と現在の写真を見比べてみました。



素朴で、味わい深い石付き盆栽だったハクチョウゲ
29568_238511602951842_744053584_n.jpg
(乾燥防止に張り付けたコケは、すぐ枯れましたが乾燥は防止してくれています。)





枝を造って2ヶ月ぐらい。広がる感じを演出したハクチョウゲ
DSC01740.jpg
(とても気に入ってます。でも、いつごろ針金をはずしていいのかわかりません。ヽ(*゚∀゚)ノサッパリ )




水槽も盆栽も、まったくの独学の手さぐりで楽しんでいます。


どれが正解なのかわからないので不安ですが
不可思議な自然を相手に、観察したり、自分なりに考えてみたりして
いいんじゃないかな?って方法でチャレンジしていきます。




何が言いたいかっていうと、自然と向き合って考えることが好きだっていうこと。





内容がないブログですが、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村





オマケ
始めて40cm水槽を購入した当時からいるレッドファントム・ルブラ  長生きです。
P2250597レッドファントム
(赤いだけじゃなく、スケルトンぎみな体が魅力です。さすがは、ファントム(幻影)。  )
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。